精神鑑定事例検討セッションについて

本大会では精神鑑定事例を検討するセッションを設けました。

このセッションでは精神鑑定の初心者が事例を提示し、フロアーの参加者、コメンテーターの方々とのディスカッションを通して、精神鑑定の理解を深めることを目的とします。

 セッションで検討するのは刑事責任能力鑑定(起訴前および公判)あるいは医療観察法鑑定の事例とします。
演題の登録に当たっては、抄録集に掲載する内容として、事件の概要および鑑定事項、鑑定結果、鑑定上の問題点(当日ディスカッションしたいこと)を800字以内でまとめてください。

発表者には、後日、鑑定の要約書(学会書式)を作成し提出していただきます。当日のセッションでは、要約書を配布し、それに基づいて座長およびフロアーとのやり取りも行いながら40分程度で説明していただきます。その後20分程度、コメンテーターによるコメントやフロアーを交えた質疑応答を行います。

精神鑑定事例検討演題投稿要領

演題投稿期間

2018年12月14日(月) ~ 2019年2月28日(木)

演題投稿資格

一般演題発表者は、日本司法精神医学会の会員に限ります。

 学会に未加入の方は演題投稿と同時に入会手続きをお願いします。共著者については会員に限りません。

【入会手続きお問い合わせ先】

日本司法精神医学会事務局
〒169-0072 新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル9階
株式会社 春恒社学会事務部内 日本司法精神医学会事務局
TEL:03-5291-6231/FAX:03-5291-2176
E-mail:jsfmh@shunkosha.com
※入会についてはこちらへ

倫理上での配慮

発表に際し、症例報告等については個人が特定されることのないよう記載、あるいは本人の承認など、倫理面でのご配慮を必ずお願いします。

発表形式

発表は口頭発表形式でパソコンでのパワーポイントによるプレゼンテーションになります。詳細はおってご案内します。

発表時間

当日は発表者が事例を要約書に基づいて説明し、座長およびフロアーがやり取りをはさみながら発表(40分程度)し、その後に質疑応答(20分程度)を行います。

提出事例

事例は、原則として終了した事例とします。また公判中の事例は避けてください。

 鑑定種別は刑事責任能力鑑定(起訴前および公判)と医療観察法鑑定とします。簡易鑑定は除きます。なお学会認定試験の対象は刑事責任能力鑑定です。

演題の採否

演題の採否、発表日時につきましてはプログラム委員会にご一任願います。採否の結果、発表日時をプログラム委員会で決定後、投稿者宛にメールにてお知らせします。

セッションの進め方・検討目的

発表者の事例への対応の有効性や妥当性を検討します。

 発表者は、提出された事例の概要、事例についての理解(見立て)や介入方法および結果 ・考察を示し自らの意見を明確に発表し、フロアーからの意見も交えて、その有効性や妥 当性を検討してください。

演題投稿方法

1. 下記のボタンより演題申込用ホームページにアクセスして「事例検討演題申込」を選択し、注意書きをよくお読みのうえ、リンクしている「演題申込画面」から指示に従って入力してください。

2. 演題申込時には、同時に講演要旨(抄録)の登録が必要となります。インターネットによるオンライン登録となりますので、講演要旨本文はあらかじめワープロソフト等で作成しておき、コピー・ペーストにより貼り付けることをお薦めします。登録が正しく完了すると、折り返し、受付完了の旨のメールが演題申込者に届きます。なお、登録した講演要旨は、受付期間中であれば修正が可能です。(修正には、登録番号とパスワードが必要となります。 ).

演題要旨(抄録)投稿

事件の概要および鑑定事項、鑑定結果、鑑定上の問題点(当日ディスカッションしたいこと)を鑑定の要約書(学会書式)にて規定の文字数でとりまとめてください。

オンライン投稿となります。演題名は60字以内、演題本文は800字以内となります。
本文は全角1文字、半角0.5文字でカウントします。演題名は半角も1文字としてカウントされます。図表、画像等は投稿できません。

演題投稿に関するお問い合わせ

システムの操作方法についてご不明な点は下記へご連絡ください。

それ以外については、問い合わせページより大会事務局へお問い合わせください。

第15回日本司法精神医学会大会事務局

〒025-0033 岩手県は花巻市諏訪500番地
独立行政法人独立行政法人国立病院機構花巻病院内
〔担当者〕山村・工藤・齊藤
TEL:0198-24-0511 FAX:0198-25-1721
E-mail:110-shihou15@mail.hosp.go.jp
※お問い合わせは、E-mailにてお願いします。

事例検討演題申込